印刷と関連産業

高品質の印刷物を製作するためには先端印刷設備と技術も大事であるが、印刷を支える関連産業もまた非常に重要である。
韓国の印刷が今日のような成長を成し遂げることができたのは先端コンピューター技術を活用した企画・デザイン分野のノウハウの蓄積とともにプリプレス及び後加工分野が発展し、製紙及び印刷インクなど、高品質の原・副資材が生産できる関連産業に支えられてきたからこそ可能であった。

年度別製紙の需給現況(単位:M/T)

年度/区分 生産量 出荷量 在庫
内需 輸出
2001 9,332,119 7,049,414 2,346,254 9,295,668 432,444
2002 9,811,899 7,348,283 2,377,660 9,725,943 518,400
2003 10,147,628 7,496,872 2,662,305 10,159,177 506,851